2011年06月27日

いつもの電池より安上がりかもしれない水電池「NOPOPO」登場

水を入れるだけで発電する「水電池 NOPOPO」が登場 - GIGAZINE
水を電池本体に入れるだけで発電が可能な電池「水電池 NOPOPO」がナカバヤシより登場することが明らかになりました。

ナカバヤシ|[水を入れるだけで発電する「水電池NOPOPO(TM)」新発売]

ナカバヤシのニュースリリースによると、水を入れると発電する電池「水電池 NOPOPO」が2011年8月上旬より全国発売するとのこと。家庭や企業、学校や公共施設といった場所での災害時や非常用の備蓄としての利用に向いているそうです。

「水電池 NOPOPO」は付属するスポイトを使って本体の穴へ水を入れるだけで発電する単三電池です。一般的な乾電池の場合は、使わずに置いておくだけでもわずかに放電をするので徐々に電気容量が減っていきますが、「水電池 NOPOPO」の場合は水を入れなければ長期保存が可能というわけ。なお、水分なら何でも良いので、ジュースやビール、はたまた唾液でも発電が可能となっています。

例えばLEDライトの場合は「水電池 NOPOPO」1本で5時間の使用が可能で、電力が弱まってきたら再度注水すれば数回にわたって繰り返して使用することができます。重さも一般的な電池が100本あたり2.3kgなのに比べて100本あたり1.5kgと軽量なために備蓄に向いており、水銀などの有害物質を含んでいないので使用後は不燃物として捨てられるとのこと。保存期間は未開封状態で約20年です。

商品名:Digio2「水電池 NOPOPO(TM)」
サイズ:直径14.3×50.3mm
重量:15g
種類:3本パックと100本パック(単一、単二電池サイズ変換アダプター付き)の2種類(スポイト付き)。ラジオ、LED懐中電灯、ミニランタンとのセット品も有り
希望小売価格:3本パック 600円(税込み630円)、100本パック 19,800円(税込み20,790円)
発売日:平成23年8月上旬

(上記より抜粋)

東日本大震災があってから、色んなメディアに取り上げられる事が多くなった防災関連グッズの一つである、水電池NOPOPO。長期間放置しても漏電や劣化する事もないし、少量の水分(必ずしも水でなくて良い)さえあれば複数回使えるという優れ物。ラジオやLED使用の懐中電灯とセットになってるのもあるらしいから、幾つか常備しておけば、いざというとき役に立つかもね。ただ、こういう防災特化型商品の宿命とでも言うべきか、普通の電池と比べて少々割高(3本で600円強)なのが難点だが(苦笑)。


↓今後起きるかもしれない東海地震や関東大震災に備えたい方へ↓





posted by OUTDOOR-MAN at 11:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 防災関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック